ツアー・イベント情報

5月26日(日) 13:00〜15:00

こもりくの初瀬の里におわす観音に会いにいく

参加費用
3500円 拝観料込み
集合場所
13:00 近鉄大阪線 長谷寺駅(はせでらえき) 改札集合

奈良県の南部に長谷寺(はせでら)というお寺があります。

ここはお身の丈が10メートルもある十一面観音さまがいらっしゃいます。

この大きさも驚きなのですが、もっと深いことにこの方は四角い石の台座に立っていらっしゃってるのです。

ふつう仏は蓮華をかたどったものなどにお座りになっていることが多いですが、この方は「石」なのです。

そこには長谷の観音の秘密があります。

かつてすさまじい霊力をもつと恐れられた木から生まれた観音さま。その力が人々を救うものに変換したのはなぜだったのか。

さらに今回は、その観音様のお御足にふれることができます!!
ふだんは見ることもできない下半身すぐそばに寄れるうえに、そのお体に触れられるまたとないチャンスです。

この方は現在重要文化財なのですが、なぜ国宝でないのか不思議なくらい・・おそらく、いずれ国宝になるでしょう。そうしたらもう、触れる機会はないかもしれません!?

さらにさらに、今回は銅板法華説相図(国宝)も公開されています。

これは約1300年前に作られました。銅の板に仏の教えが刻まれたものです。
「法華経」という経典の中に「宝塔が現れる」というシーンがありまして、その図案を表したもの。

これは超一級の仏教美術資料であり、文字史料であり、書道的にも、金工技法的にも価値があるものです。

この銅板を収めることが、長谷寺の塔の建立の理由となったので、まさに塔の魂とでもいうべき存在でしょう。

貴重なこと盛りだくさんの長谷寺へ、ご一緒にお参りしませんか?

【日時】
2019年5月26日(日)
13時 近鉄大阪線 長谷寺駅(はせでら駅) 改札集合
15時頃 長谷寺にて解散予定

【参加費】
3500円(拝観料・特別参拝料込)

ご予約はこちら

ご予約いただいたあと、うるわし奈良より、確認のご連絡をお送りさせていただきます。