ツアー・イベント情報

8月30日(日) 14:00〜16:00

ならまち怨霊ものがたり

参加費用
1500円
集合場所
14:00 ZOOMによるオンライン開催

奈良に残る古い寺社仏閣は、当時の人々の延命や病気回復・慰霊など願いを込めて作られたものでした。

その中で「怨霊封じ」という物騒なものもあります。

当時の人々を震撼させた怨霊とは誰だったのか。

怨霊になってしまうほどの出来事とは何だったのか。

東洋のミューズとうたわれ、今なお美しいお姿で人々を魅了する「伎芸天」が安置される「秋篠寺」

縁結びに御利益があると人気で、若い女性が手作り御朱印を求めて並ぶ「ならまち御霊神社」

そしてならまちの守護神であり、境界線を守るように建てられた「崇道天皇社」

これらのお社に共通するのは「桓武天皇」です。

平安京を作った人であり、実質平城京を終わらせた人でもあります。

ならまちを彩る寺社仏閣に今なお大きなお力を発揮する「怨霊となった人々」のお話です。

【日時】2020年 8月30日(日)
14時~16時

【会場】ZOOMによるオンライン開催

【参加費】1500円

参加希望の方は下記までお申し込みください。
支払い方法などお伝えし、入金確認後ZOOMアドレスをお送りします。

ご予約はこちら

ご予約いただいたあと、うるわし奈良より、確認のご連絡をお送りさせていただきます。