こぼれ話

2019.07.08

『艦これ』の原点は・・神社!!

『艦これ』ってご存知でしょうか・・?
『艦隊これくしょん』のことで、戦艦を擬人化して育てて戦う、というゲームがあるのです。これのぐっとくるポイントは「女子」に擬人化するということなんですよね。艦隊が女の子に! 第二次世界大戦で活躍した戦艦大和とか、赤城とか龍田とか(知らんか) 勇ましい戦艦×美少女というある意味日本らしい取り合わせ。

この延長線上に、刀×美少年という『刀剣乱舞』シリーズがあったりするのだと思うのですけど・・
この発想力、商品として素晴らしい。なんでも単一のものでは花開かなくても、掛け合わせることによってすごい威力を発揮したりするものです。その典型だよなと思っていた矢先。

神社にお参りすると、大きなところでは「宝物館」なるものがあったりします。神社に伝わる宝物とか、古文書とか、そういうものが収納されていることが多いのですが、その中で「御神宝」というものがあったりします。

これは神様のために作った神様の日用品。そもそも神社とは、神様が降りてくる場所です。神様は本来「高天原(たかまがはら)」という神の国に住んでいます。人間は神様に「降りてきてもらって」願いを聞いてもらいます。

最初は、降りて願いを叶えると、神様は帰ってしまってました。でも、だんだん「常駐」してもらいたいと人は願うようになっていったのです。そこで神様のお住まいを作って、とどまってもらうことにしました。

それが神社のお社です。
神社に神様がいつもいるとなったからには、快適に過ごしてもらわねばなりません。

なので神社は清浄を旨として、いつも清らかに保たれているのです。さらに神様に最高の衣装や、身の回りの品や、食事や、お酒や・・などなどお供えして日常をより豊かにしていただきます。
伊勢神宮では20年に一度の式年遷宮に合わせて、神様の身の回りの品も最高のもので整えました。

当代一流の職人に依頼して、それこそ楽器からお布団まで。神様専用のものを作りました。

20年経って新しくあつらえるとき、それまで使用されていたお道具類はすべて燃やしてしまっていたそうです。

神様のお使い古しを人が使うのは恐れ多いということのようですが、今では失われてしまった当時最高の職人芸が残されているものなので、ある意味とてももったいないことです。

なので近年はとっておいたりしてるそうですけど・・。
ということは知っていたのですが、よくよく考えてみたら、なんで神様が人間と同じ暮らしをするの?と。

キリスト教なんかだと、「神」はクリエイターなので人間ではないんですよね。明らかに。

なので、教会で魚とかその年とれた米だとかお供えしたりしません。だって人間じゃないから。お魚食べないし。たぶんご飯がいらない。
「お供えする」というのは、日本の神様仏さまに対する日本人独特の考え方です。それってつまり、神様を擬人化してるってことです。
神様を擬人化することで、より身近にというかより親愛をもってお世話できるということなんでしょうけど、これって『艦これ』『刀剣乱舞』の根本にある思想では!?
でももっと言えば、私たちの身の回りの物。鉛筆でもスマホでも、家具でも衣服でも、すべてのものに「命あるもの」として接する習慣が、ありますねえ。そういえば・・。

2019.03.27

君の名は瀬織津姫

祓詞(はらえことば)というものがある。
神社で使われるもので、この言葉をとなえることによって、心身が清められるという。

奈良時代から宮中でとなえられてきたという「中臣祓」(なかとみのはらえ)は特にポピュラーで、大祓詞(おおはらえのことば)などとも言われている。
よく訪れる神社ではこれを毎朝奏上していて、それは回数が増せば増すほどご利益があるという。しかもひとりが唱えても1カウント。

3回繰り返せば3カウントという風に、その場にいる人の数だけ、唱えた回数だけ増えていくというのだから、他人事な気がしなくて力が入る。
この祓詞のなかに「瀬織津姫」という女神が登場する。
この方は「清めてくれる」神だ。
他にも清め役の神様が三柱いて「祓戸四神」とよばれている。

『古事記』にイザナギ・イザナミの神話が出てくる。
出産の際に命を落としたイザナミは黄泉の国へ行き、イザナギはその後を追っていく。黄泉の国でふたりは再会するが、イザナギが禁忌を破ってしまったために、

イザナミの朽ち果てた恐ろしい姿を見てしまい地上に逃げ帰る。その時、すっかり汚れてしまった自分の体を浄化するために、イザナギは禊をする。その時に生まれた神々が祓戸四神だと言われている。
言われている、というのは祓詞の中に「イザナギノミコトが禊をした時に祓の神が生まれた」と言ってるのだが、

そのイザナギの活躍を記した古事記の中には「祓戸四神」それぞれが書かれていないのである。(速秋津日命・はやあきつひめ はイズノメノ神ではないかと言われている)

何回も何回も「さくなだりに落ちたぎつ速川の瀬にますセオリツヒメという神~」と唱えていると

「そうか。瀬織津姫は速川の瀬にいらっしゃるのか~」という気分だけが残って、もう満足してしまっていたのだ。
しかし!ある方が「瀬織津姫ってどんな方ですか?」と聞いてくださってハタと気付いた。瀬織津姫って誰だろう?

瀬織津姫は「速川の瀬にます」と書いてある。速川は読んで字のごとし流れの速い川だろう。

ます、というのは「座る」ということ。流れの速い川にいらっしゃる瀬織津姫。川は海に通じる。瀬織津姫は罪や穢れを流し海まで運んでくれるのである。
神道の世界では、そもそも生命というのは力に満ちていて、それが何かの事情で曇ってしまうことで本来の力が発揮できないと考えている。

だからその調子の悪いところを「流し」たり「はら」ったりすることで力が戻ってくると考えている。
なので瀬織津姫は流してくれる。流された罪や穢れは海に飲み込まれ、飲み込まれたそれは地の底に吹き落され、地の底でさすらいさすらいしているうちに消えていくという。
なんだか、人間の作ったゴミを自然が浄化してくれてるみたいな話だ。

 

色々調べていくと、瀬織津姫の「流して清める」パワーというのはとても強いらしい。まるで「ノアの箱舟」
キリスト教の神が「地上を浄化する!大洪水で押し流す!」ということで大雨を降らせてノアの一族以外地上から消してしまったというお話があるけれど、

それに匹敵するぐらいすごく強い力を持っているらしい。
日本の神々で最も強い力をもっているのは天照大神だ。彼女こそ、神々の頂点に君臨する女神であり、その力を象徴する「日」なくして人間は生きられない。
瀬織津姫には天照大神の荒魂(あらみたま)だという説がある。

日本の神様にはふたつの顔があるという。恵みをも足らす面が「和魂」(にぎみたま)禍をもたらす面が荒魂だ。
台風は厄介だ。ひどい時には作物は全滅し、家屋は倒壊し、人々を傷つける。でも台風の雨は恵みの雨でもある。

日本の神は自然そのもの。その自然の恩恵と容赦なさ両方を受け止めた考え方が「荒魂」「和魂」だ。
瀬織津姫は天照大神の半身であり、光の後ろに必ずいる影のような存在なのかもしれない。

そんな彼女がなぜ古事記に登場せず、真の姿を隠されているのか?
隠さざるを得ない事情がある、もしくはあえて隠している、という風に見るのは感受性が強すぎるだろうか。

 

ところでアニメ映画で空前のヒット作となった『君の名は。』ご覧になりました?

このアニメに出てくるキャラクターは、瀬織津姫とその謎をモチーフに描かれている・・という説があります。
主人公の名前「ミツハ」が瀬織津姫の別名から取られているとか、そのミツハが先祖から受け継ぐ神社が「竜神」関係であったりとか。(竜神は水とつながりがありますね)
瀬織津姫の謎を知っているのは、『君の名は』の監督の新海誠さんかもしれない(^^)

2018.10.06

忘れがたい喜び~安室ちゃんの引退

奈良に青丹座というシアターがあります。

http://www.aoniza.com/

少人数で貸し切れるミニシアターで、オーナー権を購入することにより、身内でライブを楽しんだり、上映会をしたりすることができます。

巨大なスクリーンと最新の音響設備。ゴージャスなソファ椅子が用意されていて、映像ファンでなくても訪れるべき施設です。

ここで安室奈美恵の引退コンサート上映会があるということで、すっ飛んでいきました。

安室奈美恵。

70年代に生を受けたものなら、彼女のメイク・ファッションをことごとくコピーしたアムラー現象に遭遇しなかった人はいないくらいではないでしょうか?

歌う曲は小室サウンド。

勢いがあっておしゃれでいつも最先端で、でも歌詞がうすっぺらな彼女の小室音楽を、ただ耳障りのいいものとして聞いていました。

なので昔から安室ちゃんが好きだったの?と言われたら、そうでもなかった、と答えます。

本格的に彼女が気になりだしたのは、20歳で結婚した彼女がその後離婚し、腕にタトゥーを入れたあたりからです。

息子さんの名前であるHARUTOと刻んでいたのは知ってる人が多いと思うのですが、その下には英文が刻まれていたそうです。

JUN.30 in 1950
my mother’s love live with me
Eternally in my heart
R.I.P
MAR.17 in 1999

これは直訳すると

1950年6月30日
母の愛は私と一緒に生きている
私の心の中で永遠に
rest in peace(安らかに眠れ)
1999年3月17日

 

1950年6月30日はお母さまの生まれた日

1999年3月17日はお母さまが亡くなられた日です。

 

タトゥーはおしゃれ目的で入れる人が増えてきましたけど、彼女のタトゥーは明らかに決意表明です。

強く生きていく。必ず息子を守る。そういう決意表明。

 

テレビに出ている彼女を見るたび、陰か陽かで言えば、陰な人だなと思っていました。

これは別にいい悪いでなく、外に出て行くより内に向かっていく人なんだろうな、という意味です。

舞台に立ち、歌を歌いダンスを踊る。

そういうパフォーマーという職業って、つい華やかで目立つことが好きな人が選ぶ仕事に見えがちなんですが、

安室奈美恵はそういうわけでもない。

ただ、好きで得意なことを仕事にしたというような、タフでストイックなものを感じます。

今回のコンサートの模様も、彼女自身のパフォーマンスと同じくらい、バックダンサーや照明、音響、会場の装置そのものまで

プロの仕事を感じるものでした。

もはや安室奈美恵すら、舞台装置の一部のようにすべてが一体となっている。

あそこで主役なのは会場に来ているお客さん、そして映像で見ている私たちです。

そのために安室奈美恵がいる、と思えるくらい作品として素晴らしいクオリティでした。

 

引退を決意した安室奈美恵がタトゥーを消して、今日見た両腕はまったく痕跡がわからない状態でした。

ある種の目標に達して、ひとつ肩の荷を下ろした証拠ならファンとしてこんな嬉しいことはありません。

日本中といっていいくらいの人に注目されて、世界的な仕事もして、でも彼女自身の等身大で色々決意して

進めたりやめたり止まったり。

こんな優秀な人が同世代にいてくれるだけで大きな喜びです。

日本に安室奈美恵というスターがいて、時代のアイコンだったという経験はさらに忘れがたい喜びです。

 

 

 

 

2018.09.13

中国美術への招待

奈良のことを色々学んでいると、必ず出てくるのが中国のことです。

日本の文化の源泉になっていることは、美術のみならず仏教界においても同じです。

大学生の時国文学を学んでいたのですが、「大本は中国」というのは変わりませんでした。

中国のことに基づいて作られないものはない、というくらいです。

 

皇帝の力は絶大でしたから、その皇帝に命じて作られる美術工芸品はかくも素晴らしいものばかり。

中国の長い歴史を考えるともっと沢山あってもいいくらいですが、その多くは戦乱で焼かれてしまったり、地中に埋められたりしたそうです。

皇帝という権力の極みにいることで、莫大な財宝や美術コレクションも一局に集中し、作られる時も膨大なら失われる時も膨大に失われてしまう。

同じくらいの力を持つ貴族が複数いれば、複数の場所で保管されて生き延びることもあったでしょうが、それは叶わなかったのです。

 

それでもなんとか生き延びたものの一部が故宮博物館などに展示されています。

また日本にもやってきて、国の宝として現在も守り伝えられています。

 

そんな中国美術の作品が奈良・学園前にある「大和文華館」で展示されています。

「大和文華館の中国・朝鮮絵画 」

http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/exhibition/

こじんまりした美術館ではありますが、東洋美術コレクションにかけては、世界レベルといっていい美術館です。

中国絵画といえば山水画ですが、その至宝の数々がありました。

ほんとに素晴らしいので、ここに皆様と一緒に行く企画ツアーをやりたいくらいです。

 

今月いっぱいまで展示されていますので、ぜひお時間を作って行ってみてください。

 

 

2018.08.09

春日さんで朝拝と朝粥をツアー無事終了しました!

「春日さんで朝拝と朝粥を」ツアー無事に終了しました。ご参加下さった皆様ありがとうございました!

遠方の方は来られないだろうと思いきや、蓋を開けてみると大阪、和歌山からお越しの方が4分の3という参加率でびっくり。

春日さんの御神徳が広く伝わっているのを実感です。

朝拝は祝詞を神主さんと奏上するのですが、未だ傷跡深い東日本大震災、先だって我々を脅かした水害と、この国の災いで痛み傷ついたともがらを癒すものでした。

奈良の山でこうやって日々この国のための祈りが捧げられていることをどのくらいの方がご存知でしょうか?

朝早くではあるけれどすでに暑いくらいでしたが、ふだんふれない神道の世界と、朝の清々しさにふれて、本当に身も心もフレッシュになるひとときでした。

朝粥も美味しかったです( ^ω^ )

 

 

 

 

2018.07.30

糸のみほとけ展のすさまじさ

奈良国立博物館にて「糸のみほとけ」展が開催されています。

タイトルの通り、糸(繍仏・刺繍の仏さま)が展示されています。

刺繍の仏様ってあまりなじみがない気がしますが、かつてそれは貴族の女性が好んで選んだ仏の作り方でした。

当麻寺のご本尊である当麻曼荼羅は中将姫という女性が織り上げたものですし、

中宮寺に伝わる「天寿国繍帳」は、聖徳太子の奥様が侍女に作らせたものです。

刺繍の仏というのは、当たり前ですけどひと針ひと針織り上げられたもの。

絵ならさっとひと塗りで終わるところが、ただひたすら織られたすごいものです。

その細かさ、繊細さは筆舌に尽くしがたく、選ばれた糸も鮮やかで美しいものでした。

織物ですから角度によっては光沢を放ち、絵画にはない深みがあります。

また刺繍の仏さまのお衣装に模様を施せば、それは立体の仏に服を着せているのと同じことになります。

こういう沢山の理由が繍仏をつくるきっかけとなったのでしょうが、見ていて気の遠くなるような作業があったのかと思うと

ノンビリとした鑑賞からは程遠く、背筋の寒くなるような凄みのようなものが伝わってきました。

 

奈良には古い仏が多く、それらが作られたことと残ってきたことを考えると、卒倒しそうなほどの人の手の歴史を感じます。

作るのも冨と力と執念のようなものが必要だったでしょうし、残すのにもすごい力がいったはずです。

現在の私たちは故人を弔う時、せいぜいお墓や仏壇をしつらえるくらいですけど、古代の人はお寺をまるごと作ったりしていたわけです。

それはお金があったから、権力があったから。

言葉で言うのは簡単ですけど、改めてその経緯を考えると半端ない執着心のようなもの。

「信仰」ということにかけた凄まじい念のようなものを感じずにはいられないのです。

 

繍仏は一枚のタペストリー(のようなもの)の中にそれを感じる、いちいち感じる、

本当に迫力あるものばかりでした。

 

糸ですから劣化のこともあり、現在ご本尊として拝むものはとても少ないです。

現存している繍仏も、しかるべきところで保管され、表にはなかなか出てきません。

それを見ることができるのが今回の展覧会です。

何を差し置いても見に行くべき会でした。

 

奈良国立博物館 「糸のみほとけ展」

平成30年8月26日まで

https://www.narahaku.go.jp/exhibition/2018toku/ito/ito_index.html

 

 

2018.07.25

私とリカちゃん

リカちゃん人形の話題が出て、即座にときめきモードが発動しました。

リカちゃん。日本がほこる女子ドールの魁です。

子供時代、リカちゃん人形がほしくてほしくて、でもうちに来たのはリカちゃんのお友達フランソワちゃんでした。

在庫がなかったのか、フランソワちゃんの方が安かったのかわかりませんが、うちはいつでもこうでした。

ファミコンがほしいと言ったのにセガだったり。

こういうことが積み重なって、自分がメジャー路線から外れていったのを自覚しています(笑)

 

同じような人形だったら、どっちでも一緒という感覚が芽生えるものでしょうが、リカちゃんとフランソワちゃんはかなり違っていました。

今見ても思うのですが、リカちゃんの顔はほぼ完璧だったのです。

美の基準は時代とともに変わるものなので、この場合の完璧とは「少女漫画の立体化」

という意味でほぼ完璧でした。

70年代に生まれ、80年代に小学生だった子供たちが「王道」とみなした少女の顔がリカちゃんに再現されていたのです。

 

このリカちゃん人形シリーズは、人形本体に着せ替えをすることが一番の遊び方でした。

そのお洋服が多用化してびっくりするほどかわいいものが出てきたこと、ネックレスやバック、靴など細かいアイテムも充実していてそれがいちいちかわいかったこと。

そして最終的には、下着までおしゃれでかわいいものが販売されていました。

私の記憶ではフランソワちゃんのパンツはただの四角い布だったような・・

もしかしたらタカラの正規品ですらなかったのかもしれません。

 

さらに年月を経てうちにやってきたのはジェニーでした。

リカちゃんはハーフだけど日本人という設定で、体も小さかったのですが、ジェニーは確実にアメリカ人でした。

そのスタイルは「女児」でなく「大人の女性」で、そのフォルムにびっくりしたものです。

ジェニーはウエディングドレス姿で売り出されていたので、それが彼女の普段着でした。

そういうのも、今思えば雑なことです(苦笑)

 

もし私がリカちゃんと遊んでいたなら。

やはりなんらかの美的感覚を養うひとつにはなっていたように思います。

たかが人形ですけど、毎日見て遊ぶものの造形って、おろそかにしてはいけないと思うのです。

着せ替え用の服は1着3000円とかして、とても買えるものではありませんでしたけど、そういう喜びを味わってみたかったなと思います。

ほしいものには旬があります。

旬のうちに色々味わうべきだよななどと思ったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.07.14

あなたは何族?

今から20年くらい前だと思うんですけど「すごい!」の意味で「やばい!」を使う人たちを知ってびっくりしました。

今はそれはかなり浸透していると思うのですけど、当時はかなり「世界が違う人」という気がしたものです。

「ぜんぜん大丈夫」みたいに「ぜんぜん」のあとに否定が来ないのも言葉としては違和感がありますが、逆にその違和感が「強調」になってる気がして

「ぜんぜん大丈夫」という言葉を使うこともあります。

私の中になじんでしまっているわけです。

 

とある大学にて、留学生を連れて寺社仏閣に行くという催しがありました。

留学生たちを引率するのは、チューターという同じ学部の先輩たち。

留学生のホストをするくらいだから、世話好きで明るい人懐っこい人たちでした。

このチューターのひとりが、私がびっくりするほど「言葉が違っていた」わけです。

 

境内はすさまじく暑いけど、社務所はエアコンが効いていたのでちらりと開いて漏れてくる冷気に

「ここ、えぐいな~」

高額なお札を求める人々を見て

「信心まるだしやな~」

最初は意地悪を言ってるのかな?と思ったのですが、そうでなくて彼らはむしろ褒めていたり、うらやましがっているだけ。

感情の載せ方があまりにも違いすぎて、よく考えないと褒めてるのかけなしてるのかすらわからない感じなのです。

 

こういうのを指して「日本語が乱れている」というのではなくて、「共通認識をもてる部族としての違いを感じる」というのが正しいと思います。

彼らの言葉がやすやすと通じる彼らの一族がいるわけです。

そして私には、私の属する一族がある。

人は意識的・無意識的に自分の属する部族を選んでそこに安住している。

この「部族」とは年齢や性別、血統でなくカルチャーや価値観によって隔てられているのがおもしろいところです。

 

あなたがふだん仲良くしている人たちは、きっと同じ部族の人たちなのです。

部族の違いは親子でもあります。むしろ親子の方が部族が違う場合が多いと思うのですけど、もし同じなら相当な僥倖だと思います。

違う部族の人たちと交流して大きな成果を上げた人もいます。

成果とは何か、という答えだけでもどんな部族が知る手掛かりになりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.07.13

和の国

イスラムとイスラムの家庭料理を題材にした映画を見てきました。

個人が主催するミニシアターの上映だったので、映画の進行中もみんなでおしゃべりして(家でテレビを見る感じ?)驚きのその内容に一緒にツッコミまくったりして

楽しい体験でした。

イスラム圏の国々(イランやトルコなど)を旅してきた方が進行役をしてくださり、色々補足説明してくれたので、余計にわかりやすかったです。

その中で「現在イスラム教である国が、イスラム教から脱することはあるのだろうか」

という話が出ました。

進行役の方は「それはないと思う。イスラム教は宗教を超えてすでに文化である。食事の内容から作法から、日常の習慣(お祈りとか)すべてイスラムの教えに乗っ取ってる。

もしイスラム教というのがなくなったとしても、生活スタイルとしてそれらは残ると思う。例えばラマダン(断食)も宗教行事だけど、その意味がわからなくても「こうするもの」

として残ると思う」

ということを言っていて、すごくおもしろいなと思いました。

 

それって日本も同じだと思ったのです。

日本は宗教に寛容な、なんでもありの国だと思われていますが、その根底には神道があります。

お正月をみればわかります。個人によっては簡略化されつつあるお正月ですが

「1年が始まるという感覚」「おめでたい感覚」が体感として私たちのなかにある。

神道という宗教枠を超えてもう文化として根付いてしまっているのです。

 

日本人を規定するものって何だろう?とよく考えます。

これこそが日本人だ!と思えるものって、神道の行事として生活に関わっているものをのぞけば「和の精神」くらいしか思いつきません。

聖徳太子が「和を持って貴しとなす」と言われた「和」です。

これは地域の共同体の運営という小さなものから、国家という大きな枠組みまで網羅する日本特有の考え方だろうなあと思います。

和の精神は「みんな仲良くする」という面と「足並みを乱すな」という面があります。

共同体に秩序と安定をもたらし、突出するものを許さない側面もあります。

幸か不幸かでなく、そういう特質を生まれ持ってしまった(育んでしまった?)風土のようなもの。

 

それはきっと、人々が意識する前に「そうしなきゃ生き残れない何か」がこの国にあったのだと思います。

それって一体何だったのだろう?と考えてしまいます。

 

 

 

2018.07.06

ギャグセンスを磨け!

友達を作るのが難しい、とずっと感じてきました。

女子は学校や職場で群れを作るものですが、どうにもなじみませんでした。

とはいえ「お友達がいない」のが「恥ずかしい」時代。

持てるだけの社交性を発揮して

「一緒にいる」ことを共有してくれた子もいたわけですけど

したい話ができない不満と楽しくない話を聞く苦痛が常にありました。

 

子供時代の理不尽さとは、いる場所を自分で選べないということに尽きます。

与えられた場所で望むものが転がっている僥倖もありますが、そういうのは運です。

大人になって

同じ趣味を持つ人や、考え方が似ている人に出会う力が備わってくるわけですけど

それでも「この人!この場所!」がピンポイントで来ることは稀です。

 

そして最近気が付いたのですが

「自分が真に求めているもの」の正体が案外あやふやではなかと。

「感覚が似ている人と話がしたい」

「〇〇について語りたい」

「こういうことわかってほしい」

という欲求を分解していくと、どんどん細分化されていって案外違うところに辿り着いたりします。

 

ではどのへんに鼻をきかせればいいのか?と考えたとき

「ギャグセンスが似ている人」

という答えをもらってこれじゃないのか!とときめきました。

(言ったのはアーティストの志磨遼平さん。アイコンに同じ)

ギャグセンスって、その人を形成したほぼ全部が入ってるんじゃないでしょうか?

何を面白いと思い?

何を毒として?

関わってきたカルチャー

時代

言葉の選び方

 

ギャグセンスというと、「おもしろいことを言う人」「笑い話」

がちらつきますけど、それに限らないと思います。

まじめな話の中にも冗談がある、みたいな感じ。

 

同じ志があったり、共通の趣味があったり、境遇が同じだったり。

他人の中に自分と交わる部分を見つけるのは大きな喜びです。

でも価値観の違う人と楽しく話ができるのはもっと幸せなことだとも思います。

それをつなぐのが「ギャグセンス」なら、磨くほかないよな!などと思うのです。