ツアー・イベント情報

10月22日(金) 19:00〜20:30

【オンライン見逃し配信あり】古典文学へのいざないⅡ 「まほろば」の歩み~景行天皇とヤマトタケルノミコト~

参加費用
2500円(zoom参加者は1500円)
集合場所
19:00 and smiles hostel(最寄駅:近鉄奈良駅)

大阪市立大学の岡田先生をお招きしてはじまった「古典文学へのいざない」
第一期は聖徳太子様を中心に、古典文学を紐解いていただきました。

第2シーズンは「古事記・万葉集」を紐解くです。

古事記や万葉集は、日本文学の源であり、古代人が生きた時代がそのまま反映されています。

実際にその「場所」が現在も残っており、いにしえの人々が生き、働き、恋をした舞台をめぐることもできます。

そういった人々の息吹が鮮やかに残る「古事記」「万葉集」を丁寧に紐解いていくのが今回のシリーズです。

今回のテーマは「まほろば」のあゆみ~景行天皇とヤマトタケルノミコト

古事記のヒーローのひとり、ヤマトタケルの登場です。

この古代の英雄が日本のあちこちへ討伐の旅に出掛けて活躍するさまが古事記では生き生きと描かれています。

ヤマトタケルが生涯戦い続けたのは、父である景行天皇の命令によってでした。

現在渋谷向山古墳と名付けられた御陵は、景行天皇のお墓だといいます。

この古墳がある場所こそ山の辺の道沿いです。

このシリーズの重要なキーワード「まほろば」を作っていく上でどんな歴史が見えてくるのか。

ぜひご一緒に古代の資料を丁寧に読んでいきましょう。

【講師紹介】

岡田高志

1987年、大阪市生まれ。2010年、大阪市立大学文学部卒。2012年、同大学文学研究科前期博士課程修了。

2017年、同大学後期博士課程単位取得退学。同年4月より、大阪市立大学 文学研究科 都市文化研究センター 研究員。

専門は『古事記』・『日本書紀』・『萬葉集』等の古代日本文学。

【日時】2021年 10月22日(金) 18時30開場

19時スタート 20時30まで講義

終了後、講師を囲んでの懇親会

【参加費】2500円(飲み物つき)

(zoom参加者は講義のみ・1500円 見逃し配信あり)

お申し込みの際、現地参加かオンラインかお書き添えください

ご予約はこちら

ご予約いただいたあと、うるわし奈良より、確認のご連絡をお送りさせていただきます。