ツアー・イベント情報

11月7日(日) 10:00〜12:00

東大寺で正倉院ツアー 聖武天皇の愛のありか

参加費用
3500円
集合場所
10:00 東大寺ミュージアム前

秋の奈良の風物詩としておなじみの正倉院展

1300年前、奈良時代の工芸品が保存状態よく残る奇蹟のかたまりです。

この宝物を残してくれた正倉院は、東大寺の敷地内にあります。

そもそも、東大寺を作った聖武天皇は、天皇という「神への奉仕者」でありながら、仏教徒でもあるという存在でした。

後の時代に出家する天皇は出てきますが、天皇をやりながらお坊さんにもなったのは聖武天皇が初めてです。

なぜ彼は、自分の人生の仏教を取り入れたのでしょうか?

そこには、そうしないと行きていけない、聖武天皇自身の大きな悩みがありました。

そして彼が敬虔な仏教徒であったからこそ、正倉院の宝物は存在することになったのです。

聖武天皇が仏教を信仰したことと、正倉院の宝物はどんな関係があるのか。

実際に東大寺を訪れ、正倉院自体を訪れ、聖武天皇の願いと祈りの結集した正倉院の宝物を改めて感じて見たいと思います。

【日時】2021年 11月7日(日)
午前の部 10時 東大寺ミュージアム前集合 12時頃 正倉院で終了

午後の分 13時 東大寺ミュージアム前で集合 15時頃 正倉院で終了

【参加費】3500円 別途東大寺拝観料かかります。

質問欄に午前・午後 どちらの参加かご記入ください

ご予約はこちら

ご予約いただいたあと、うるわし奈良より、確認のご連絡をお送りさせていただきます。