ツアー・イベント情報

11月6日(土) 9:30〜15:00

古典文学へのいざない遠足!山の辺の道を歌碑など見ながら解説つきで歩こう♬

参加費用
6500円 お弁当つき
集合場所
9:30 JR三輪駅

大阪市立大学の岡田先生をお招きして開催している「古典文学へのいざない」
古事記や万葉集、または同時代の書物などを丁寧に紐解きながら、古典文学に親しむシリーズです。

今回はその古代文学の舞台を実際に歩く企画です。

奈良はかつて都があり、日本の首都として機能していました。
都の機能として欠かせなかったのが「道」です。
人々の往来はもちろん、外国の使節団を通すためにも、物資の輸送のためにも道は必須でした。

古代の道が多く残るのも奈良の特徴で、その中のひとつに「山の辺の道」というルートがあります。

これこそ日本最古の古道。
道沿いにはゆかしい古墳が並び、古事記・日本書紀・万葉集に登場する歴史の舞台が多く残っています。

古代の人が歩き、見て、歌を詠んだであろう場所をご一緒に歩きませんか?

点在する万葉歌碑や、古代の人が心奪われたかもしれない風景を岡田先生の解説つきでめぐります。

さらに古代を身近に感じられる散策です。

【日時】2021年 11月6日(土)
9時30 JR三輪駅集合

万葉歌碑を巡りながら散策

15時頃 JR巻向駅にて解散

途中 お昼ごはん休憩あり

立ち寄ったり、遠望から見るであろう場所
☆大神神社
☆檜原神社
☆箸墓古墳
☆景行天皇陵

【参加費】6500円(お弁当代金込・吉野の柿の葉寿司をご用意します)

全行程5キロ前後です。解説つきでゆっくり歩きますので、ふだん歩きなれていない方でも大丈夫です。

ご予約はこちら

ご予約いただいたあと、うるわし奈良より、確認のご連絡をお送りさせていただきます。